あちこたねぇ
Single
shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

猫のみる夢

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 02 24th, 2008   Yowako  

よわこ D024
今日も、わたしはよわこです。
朝起きると、肩こりがひどくなりました。原因は、猫のクアチです。夜中に寒くなると、わたしの枕を占拠して寝ていたのです。どうりで、おかしな夢ばかりみると思った。隣のクラスのサナミちゃんに話したら、「どんな夢?」と聞かれましたが、憶えてません。すると、「猫のみる夢を見られるかもよ。」とサナミちゃんが言いました。「え?…猫の出る夢?」「そうじゃないの。猫が見てる夢をヒトが見るの。」そして、田舎のおじいさんが体験したお話をしてくれたのです。
≪ある春の日、おじいさんが縁側で昼寝をしてたときのこと。うつらうつら、いい気持ちで夢の中にいると、モヤモヤした部屋の真ん中に、ぼうっと細長いものが見えた。何だろうと思ってよーく見ると、それはメザシじゃった。「メザシが一匹、誰が置いたのじゃろう。わしは、なんでメザシの夢なんか見とるんじゃ?」考えながら目を覚ますと、おじいさんの顔の上に、なんと猫の顔があるではないか。飼い猫がおでこに覆いかぶさるようにして、一緒に寝ていたのじゃった。「そうか… よーくわかった。こいつが見ている夢を、わしも同時に見ておったのだ!」おじいさんは納得して、猫にメザシをあげたそうじゃ。…むかしむかしのことじゃった。≫おじいさんて、常田富士男さんかも…。
すてき!だったらわたしも、クアチのみる夢を見られるかもしれない。今夜はどんな夢を見たか憶えておこう、絶対!決心したら緊張して、夜は眠れませんでした。やっと眠りかけたとき、クアチが枕元にやってきて、わたしのほっぺたに頭を乗っけてスースー寝息を立てはじめました。うふふ、くすぐったい!…気がつくと夢の中にいました。そこはモヤモヤした部屋の中。ぼうっと細長いものが見えます。やっぱりメザシね。クアチの食いしんぼう…。ところが。よく見ると、それはメザシじゃなくて歯磨きチューブでした。あれれ、なんで?そういえば、寝る前に歯を磨くのを、すっかり忘れてました。なーんだ、これはクアチじゃなくて、わたしの夢なのね。「ソノトオリ!ハヲミガケ!」と、歯磨きチューブが立ち上がって喋ったからびっくり。「ハヲミガケ!ハヲミガケ!」いつのまにかぞろぞろ出てきて、まわりを取り囲んでいます。「ひえ~。ごめんなさい。許して…」歯磨きチューブたちは、いっせいにフラダンスをしながら歌いだしました。♪「ハヲミガケ アロハオエ ハヲミガケ カメハメハ ムシバヒラヒラ カイマナヒラ~」 …どうしよう、起きて磨かないと、虫歯になっちゃう!でもねむいよう…でも起きなきゃ…でもねむい…ムニャムニャムニャ…。目が覚めると、すっかり朝でした。あー肩こった。やれやれ、ヘンな夢。だいたい猫のみる夢なんて、見られるはずがないんだわ!そうだ、歯を磨かなくちゃ…洗面所に行くと、クアチがフラダンス踊りながら歯を磨いてました。