shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

春はたいへん

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 03 02nd, 2009   Yowako  

よこわの日記
今日も、わたしはよわこです。
春一番が吹きました。ふぇ…ふぇ…ふぇっくしょーい!…花粉症の季節です。ぐしゅ。電車に乗ったら、『まわりのこと見えない星人』たちは、みんな『マスク星人』に早変わりしてました。世の中には不思議な人がいっぱいいるのに、この季節だけ、「なあんだ、わたしと同じ人はこの世にいっぱいいるのね!」と、びっくりします。これって安心したような、ちょっとつまんないような気持ちかも。
父も母もわたしもクアチも、みーんな花粉症。家の中は、くしゃみの大合唱。ひどくなると父は、首からトイレットペーパーをぶら下げて仕事しています。わたしも真似していたら、うっかり宅急便のおじさんに見られてしまい、「おじょうちゃん、素敵なネックレスだね~」と、笑われてしまいました。…ああ、恥ずかしかった!
いちばんたいへんなのは、ミーアキャットくん。洟をぐしゅぐしゅたらしながら、「こんなの、はじめてだ!」と怒っています。ナミビアに花粉症はないみたい。「こんなの、はじめてだ!」は、ミーアキャットくんの口ぐせです。うちにきたとき、おなかをすかせていたので、クアチのキャットフードをあげてみたら、「こんなの、はじめてだ!」と、まずそうな顔をしました。晩ごはんのとき、マグロのお刺身を食べていたらジーッと見てるので、一切れあげたら「こんなの、はじめてだ!」と美味しそうに食べました。母に、「それ、本マグロよ。お願いだから、味をおぼえさせないで!」と叱られてしまいました。
ふぇ、ふぇ、ふぇっくしょーい!…ミーアキャットくん、かわいそう。鼻を真っ赤にして、涙をポロポロ流しています。空に浮かんだ月を見上げて、ギターを弾きながら、ジョン・デンバーの「故郷に帰りたい」を歌っています。やっぱりおうちに帰りたいのね。…ヤモリのゲコに相談したら、トランクの転送装置を通ってナミビアに帰してくれるって。よかった!やれやれ、ミーアキャットくん、花粉症の季節が終わったら、また遊びにおいでね。