あちこたねぇ
Single
shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

おそうじハイ・ホー

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 02 18th, 2008   Yowako  

よわこ D023
今日も、わたしはよわこです。
いよいよイラスト展の追い込み…母は部屋に閉じこもったきりです。「ああ、恥ずかしい!」だの「バカヤロー」だの「がんばれ宮原」だの、ときどき独り言が聞こえてきます。絵を描きはじめると、ふいに昔の事や、嫌なやつの顔とかが頭をよぎるんですって。そのうち調子が乗ってくれば、静かになります。ほーら、おとなしくなった。きっといい絵が描けてる証拠です…と思ったら、いびきが聞こえてきた。だめだわコリャ。
母がこんななので、父とわたしが家事を一切しなくてはなりません。父が料理をするのはいつもの事。わたしは『しっかりした娘』という事を、証明できるチャンスです。こないだのおでんはジャガイモ入れ忘れたけれど、汚名返上、リベンジしなくては…!「おとうさんたら書類をこんなに散らかして、仕方ないわねえ…。」なんだか口ぶりまで母に似てきました。書類をきれいに積み重ねたら、次はお掃除です。「まあ!新しい電気掃除機。ピカピカの日立マークだわ。やっぱり!」『掃除機は日立、炊飯器はサンヨー』」というのが、母方のおばあちゃんの家訓です。スイッチ入れたら、グィーングィーン、よく吸い込むこと!掃除機ギライな猫のクアチが、すっ飛んで逃げていきます。わーい、気持ちいーい!♪「ハイ・ホー、ハイ・ホー、仕事が好き」 わたしは白雪姫に出てくる『七人の小さい人』のように、歌いながら家中お掃除しました。ところが……。ズボッという音がして、「キーッ」という悲鳴とともに、何か柔らかいものが吸い込まれていきました。な、な、なんたること!ベッドの下でお昼寝中の、ヤモリのゲコを吸い込んでしまったのです。あーあ、やっぱりわたしは何をやってもダメな子、ちりとてちん…。ごみパックの中からホコリまみれのゲコを救出すると、ゲコは咳き込みながら「M74銀河を旅して、ついにブラックホールを見た!」と言いました。見ると、ごみパックの穴から真っ黒いものがぶら下がっています。…ずっと探してたわたしの靴下でした。そぉっと引っぱり出すと、出るわ出るわ、ハンカチ、口紅、指輪、父の目薬、使い捨てカイロ…なんと、高島屋の商品券まで出てきました。…やれやれ、おかあさんたら。こんなに吸い込んじゃうなんて!…あー安心した。これならわたしのほうが、ずっとましだわ。♪「ハイ・ホー、ハイ・ホー」歌いながら掃除機のスイッチを入れたとたん、ズボズボッ。父の書類を吸い込んでしまいました。