あちこたねぇ
Single
shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

クリスマスの贈り物

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 12 24th, 2007   Yowako  

よわこ D015
今日も、わたしはよわこです。
幼稚園のとき、先生が言いました。「みなさんはサンタクロースのおじいさんに何をお願いしますか?いちばん欲しいものを絵に描いてみましょう。」そして真っ白い画用紙が一枚ずつ配られました。うーん…わたしは困ってしまいました。絵を描くのは苦手だし、欲しいものがたくさんありすぎます。たったひとつを選ぶなんて、ムリ。まるでデパートをまるごと持ってきて、この中でひとつだけ欲しいものを選びなさいと言われているよう。まわりのおともだちを見ると、みんな迷わず描いてるみたいです。お人形やグローブ、ファミコン、安室奈美恵のCD、携帯電話、コマツのブルドーザーを描いてる子もいました。すごいなあ。となりの恵太くんは、メルセデスベンツのSLRでした。わたしの画用紙は、真っ白なままです。「よわこちゃん、何もないの?何でもいいのよ、欲しいものなら。」先生に言われましたが思いつきません。どうしよう、早く描かないと制限時間がきてしまいます。時間を守れない子はサンタクロースから何も貰えないんだよ…と、まるでトナカイにせかされてる気分でした。しかたないから、グレーのクレヨンで「白い箱」を描きました。これは「星の王子さま」で覚えた方法です。ただの白い四角い箱に見えるけれど、その中にはお人形やお菓子やきらきらしたネックレスや指輪など、きれいなものがいっぱい詰まっているのです。先生はへんな顔して眺めてましたが、わたしは満足でした。だってへたくそなお人形描くよりこの方がずっと素敵だし、欲しいものを全部入れられるんだもの。わたしにとっては何より豪華な、真っ白い「魔法の箱」だったのです。
クリスマスの朝、目が覚めると枕元に赤いリボンの四角い包みが置いてありました。わたしはどきどきしました。ところが… ガーン!うそ!なにこれ、信じられない…… 豆腐でした。それは、いつものスーパーよりちょっと高級な三越のお豆腐。おとうふに赤いリボン?うー、うー、うちの親ったら!真っ白い魔法の箱が、豆腐にしか見えなかったの?! たとえ不細工でもお人形を描けばよかった…後悔してもあとのまつりでした。やれやれ、先生が親に絵を見せてたなんて。最初から言ってくれればいいのに。…サンタクロースはこの世にいないと信じたのは、あのとき以来です。