shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

よわこのナミビア日記 ⑦

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 12 23rd, 2008   Yowako  

よわこの日記  045
今日も、わたしはよわこです。
スワコップムンドという大西洋に面した町にいます。
ぶるんぶるん… プロペラが回り始めました。5人乗り小型飛行機で、これから砂漠の上空を飛びます。すてき!まるでサン・テグジュペリになった気分!となりにいる母も大はしゃぎです。パイロットが、飛行コースを説明しました。不思議な発音の英語です。彼はアフリカーナと呼ばれる白人で、オランダ語をはじめいろんな国の言葉が混ざったアフリカーンス語を話す人だそうです。うしろを見たら、ドイツ人の大きなおじさんとおばさんが座っています。そういえば乗るまえに体重を聞かれたけれど、あんなに重たそうで大丈夫かしら… 。 ぐいぃぃーん… 機体がふわりと持ち上がりました。すごーい!街がどんどん小さくなっていきます。焦げ茶色の山をいくつも越えると、見渡すかぎりクリーム色の砂漠でした。地面の上に、今わたしたちが乗ってる飛行機の影が映っています。小さくてハエのよう。「着陸とは、自分の影に追いつくことだ」 … 『夜間飛行』の本にあった言葉を思い出しました。サン・テグジュペリも、きっとこんなふうに自分の影を見おろしていたのね! 砂漠はどこまでも続いています。風が砂に描いた模様が、とてもうつくしいデザインです。赤い砂漠がうねうねと続きました。黄色い砂漠がうねうねと続きました。やがて白い砂漠がうねうね……… 「要するに地球のシワなのよね。」 だんだん飽きてきた母は、ぐーぐー寝てしまいました。 うっそー。
そのときです。 「ヒツジの絵を描いて… 」 ふりむくと星の王子さまが座ってました。いつのまに乗ってたの。「ね、ヒツジの絵を描いて!」 これってお話と同じだわ!わたしもお話どおりにやらなくてはいけないかしら… えーと、ただの箱を描いて「ここにヒツジが入ってます。」って言えば喜んでくれるのよね?ところが王子さまは、「それヒツジじゃないよ。オリックスだよ。」と言いました。 …ドキッ!ヒツジと言われて、連鎖的にオリックスのことを考えたかも! わたしは急いで描き直しました。「ここにヒツジが入ってます。」すると王子さまは、「ちがうよ。それは猫だよ。」と言いました。 しまった!今度は日本にいる飼い猫のクアチを思い出したかも。 …うーん、たかが箱を描くだけなのに、こんなにむずかしいとは。「ヒツジ… ヒツジ… 」わたしはいっしょうけんめいヒツジに集中して、今度こそヒツジ入りの箱を描きました。「ここにヒツジが… 」すると王子さまは、「なんだい。コーヒーなんかいらないや!」と、とうとう怒りだしてしまいました。描きながらつい、「スターバックスのカプチーノが飲みたい」 と考えてしまったみたい……。 「はやくしてよ。キツネが待ってんだから。」 ワガママな王子さまね!考えてみたら、本物のヒツジなんて見たことないんだから、ヒツジの入った箱なんか描けるわけがないわ。 …そうだ! ヒツジをやめて、マフラーにしよう。メリノウール100%のあったかいマフラー。わたしは赤いマフラーの入ったつもりの、ただの箱の絵を描きました。すると王子さまは、「ありがとう!ぼくこんなのが欲しかったんだ!」 と言ったからびっくり。鈴のような笑い声をたてて消えてゆきました。
気がついたら着陸体勢です。目を醒ました母に、「おかあさん!星の王子さまに会ったよ!」と言うと、「 ……何ねぼけてんの。ここはナミブ砂漠よ。あれはサハラ砂漠のお話でしょ。」「 ……そうか。」
やれやれ。やっぱりサン・テグジュペリには、なれないみたい。星の王子さま、わたしのマフラーしてくれるかな…