shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

やぎさんゆうびん

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 04 01st, 2010   Yowako  

よわこの日記74
今日も、わたしはよわこです。
トモコちゃんのように、人並はずれた能力があっても生かす場所のないヒトって、実はたくさんいるのかも。学校で今流行ってるドラッカーの名言集にも、「卓越した者の能力や仕事ぶりが、まわりの者を不安にさせたり障害になるのは、組織にとって深刻なモンダイだ」 みたいなことが書いてありました。これってきっと、大きなリュックサックをしょって満員電車に乗ってる感じだと思う。リュックの中には役に立つものや、素敵なものが詰まっているのに、自分では使えないし、まわりからは迷惑なものにしか見えないんだわ。だったら、組織とかじゃなくて、もっと広いところに行けば能力をハッキできるのではないかしら。トモコちゃんにも、そんな場所があるといいのに。

… ところで。わたしの能力って何だろう? 考えたけれど、何も思いつきません。 わたしって何も持ってないヒトなのかしら…だんだん不安になってきました。
「わたしの能力って、何だと思う?」 母に聞いたら、「素直でいい子なこと。」と言いました。父に聞いたら、「疲れたとき、背中を押してくれること。」と言いました。ちぇ。おとうさんもおかあさんも、自分たちに都合いいことばっかり!
冬眠から目覚めたばかりの、ヤモリのゲコに聞いてみました。 「わたしの能力って、何だと思う?」「きみにとって?ぼくにとって?家族にとって?組織にとって?社会にとって?人類にとって?地球にとって?それとも全宇宙にとって?」「うーん、…ぜんぶ!」「そりゃあ無理だ。」「なぜ?」「自分にとっての能力が、他人にとってはそうじゃないこともある。ぼくにとってきみの能力は、じっとして僕をふみつぶさないこと。」 …ゲコも同じこと言ってる。そして大きなアクビをしながら、「生物はみな、ただ生きていることが能力だ。」と言いました。 そうか…。だけど、『わたしの能力は、ただ生きていることです』じゃ、何をしていいかわからないし、自慢できないじゃない…。
次の朝、玄関のポストに白い封筒が入っていました。封筒の上には、こんなメッセージが印刷されていました。
『よわこ様 この中に君が求めている答えがある。だが答えは自分で探し出してこそ価値があるものだ。ゆえに、これは君がおとなになるまで開けてはいけない。しかるべきときがきたら、開けること。 能力の神より』
なにこれ…おとうさんのいたずらだわ、きっと!開けるなと言われると開けたくてたまりません。どんな答えなんだろう…わたしはあっさり封を切りました。中にA4サイズのコピー用紙が折りたたんで入っています。 「どれどれ、しろやぎさんからお…なななんだこれは!」 そこに書かれていたのは、まどみちおさん作詩の『やぎさんゆうびん』の歌詞でした。
 
しろやぎさんからおてがみついた
くろやぎさんたらよまずにたべた
しかたがないのでおてがみかいた
さっきのてがみのごようじなあに?
 
これが答え?…さっぱりわかんない。やれやれ!