あちこたねぇ
Single
shiro
Maxi Single
宮原芽映
Port・fo・lio
MariPosa
2枚ワンセット
   
Copyright © 2007 - 2017 宮原芽映
MIYAHARA Mebae All Rights Reserved.

よわこ yowako.com 宮原芽映 オフィシャルサイト

水族館裏

よわこの日記 ARCHIVE   Posted on 06 16th, 2008   Yowako  

よわこの日記 030
今日も、わたしはよわこです。
今日は父の日。「さあ、仕事仕事!」…父は朝から、パソコンに向かっています。父の日でも、締め切りは待ってくれないのです。お父さん、大変ね…。「何か欲しいものある?」と聞いたら、「コーヒー!」と返事が返ってきました。わたしは、父の好きなコーヒー豆を買いに、品川へ行きました。
買い物の帰り、エプソン・アクアスタジアムの前を通りました。ここは、プリンスホテルに隣接した水族館で、映画館の並びにあります。ちょうどアトラクションが終わって、お客がぞろぞろ出てきました。ほとんどが、親子連れです。どのお父さんも、なんだか疲れてるみたい。やっぱりお父さんは、大変なんだわ…。
わたしは、人気のない水族館裏のベンチを見つけて、100円マックを食べました。すると、バンドウイルカとアシカが出てきて、ベンチで煙草を吸いはじめました。「もォ、やってられないわ!毎日同じ事ばかり!」…イルカが言いました。「そろそろ演出変えないと、江ノ島に負けるかもな。」…アシカが言いました。「運動音痴のイルカ(アクアスタジアムのスター)なんて、子供はすぐ飽きるわよ。」 「鴨川シーパラは超能力のシャチだってさ。」 「あいつらに超能力だって?ふん!笑わせるわ!」…なんだか険しい雰囲気。「ねえ、そこのイワシちゃん。」イルカが言いました。ドキッ!…わたしのことみたい。「なにもってんの?」 「せ、成城石井のコーヒーと、カルディの生ハム… 父の好物です。」どうしよう…欲しいのかしら?あげないとわたしが食べられちゃうかも…。「ふーん、今日は父の日か…。」イルカが、煙を吐きながら言いました。「地球温暖化が進んでいるのに。気楽なもんよね、人間は。」 「す…すみません。」 「ねえ、(アシカに)あんたパパの顔覚えてる?」 「うちの親父は、奥さん14頭いたからなあ…。顔なんて見たことないよ。」 「ハーレムね。あたしのパパ、今はフロリダだってさ。」わたしは、思わず質問しました。「どうしてわかるんですか?」 「ふん。あたしたち超音波で、毎日世界中のイルカとチャットしてんの。SNSなんて目じゃないわ。」 「そういえば…」と、今度はアシカ。「スピード社の水着が承認だって。」 「ミズノは大損ね。」 「北京じゃ新記録ラッシュだろうな。」 「キタジマがどんなに頑張ったって、しょせんあたしたちにかないっこないわよ。」…すごい。マイクロソフト・ニュースみたい…。「今度のポスター、きれいに出来たわね。」 「やっぱエプソンだな。」 「HPもいいけど、インクが高いそうよ。」…いつまでこんな話が続くのかしら。わたしは、そろそろ開放してもらえないかなあと考えてました。そのとき、「イルカさん、出番ですよ~!」と、ペンギンが呼びに来ました。よかった…!やっと帰れそう。
アシカはあくびしながら、「あ~、オレはまだ時間あるな。『インディ・ジョーンズ』でも観ていくか。」 「じゃあね。イワシちゃん、ハンバーガーは体に悪いわよ。もっとマシなもん食べなさい。」 「は、はい。(煙草はいいのかしら…)」 「可愛いフリしなくちゃ。さあ、仕事仕事!」イルカはぴょんぴょん弾みながら、行ってしまいました。…やれやれ、水族館の動物たちも大変みたい。